CONTENTS

LINKS

前へ
次へ

査読付ジャーナル論文 Peer Reviewed Journal Papers
査読付プロシーディングス論文 Peer Reviewed Proceedings Papers
依頼論文 Invited Papers
簡易審査付論文(アブストラクト審査付) Abstract Reviewed Papers
論文(講演論文・ポスター発表) Papers
学位論文 Academic Theses
書籍 Books
受賞 Awards
競争的資金 Competitive Research Funds
雑誌・記事 Magazines and Articles
報告書・資料等 Reports and Research Documents
データ・ソフトウェア Data and Software
講演 Lectures
教育活動 Educations
メディア出演 Media Appearances
その他の発表 Others


査読付ジャーナル論文 Peer Reviewed Journal Papers

■2018年
19  秋山祐樹・マイクロジオデータを用いた日本全国の商業集積地域の分布把握,E-journal GEO, 13(1), 109-126, 2018 URL  NEW!!
18  小川芳樹・秋山祐樹・金杉洋・柴崎亮介,ジオビッグデータを用いた多様なシナリオに基づく南海トラフ地震津波の人的被害推定-高知市周辺を対象として-,E-journal GEO, 13(1), 140-155, 2018 URL  NEW!!
17  秋山祐樹・小川芳樹,マイクロジオデータを用いた家賃形成メカニズムの研究-住まい手からみた住宅の価値と市場価値の乖離に着目して-,住総研 研究論文集・実践研究報告集, 44, 1-12, 2018 URL 
一般財団法人住総研 研究・実践選奨受賞 NEW!!
16  秋山祐樹・上田章紘・大野佳哉・髙岡英生・木野裕一郎・久冨宏大,鹿児島県鹿児島市における公共データを活用した空き家の分布把握 自治体の公共データを活用した空き家の分布把握手法に関する研究(その1),日本建築学会計画系論文集,744, 275-283, 2018. URL 
■2017年
15  上田章紘・秋山祐樹・伊藤夏樹・大野佳哉,空き家発生・分布メカニズムの解明に関する調査研究(その2),PRI review,65, 12-19, 2017. URL
■2016年
14 Kachi, N., Kajimoto, R., Tsukahara, K. and Akiyama, Y., Consideration on Disaster Recovery System to Improve Resilience of Frequent-Landslide Dangerous Area, Procedia - Social and Behavioral Sciences, 218, 181-190, 2016. URL
13  上田章紘・秋山祐樹・大野佳哉,空き家発生・分布メカニズムの解明に関する調査研究(その1),PRI review,61,24-35, 2016. URL
12  Akiyama, Y., Ueyama, S., Shibasaki, R. and Adachi, R., Event Detection Using Mobile Phone Mass GPS Data and Their Reliability Verification by DMSP/OLS Night light Image, ISPRS Annals of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, III-2, 77-84, 2016. URL  日本写真測量学会ISPRS奨励賞受賞
■2015年
11  鈴木弘ニ・上田章紘・秋山祐樹,『標識・サインを活用したプッシュ型情報提供検討協議会』による横須賀市における実証実験について,PRI review,58,68-73, 2015.
10  梶本涼輔・加知範康・塚原健一・秋山祐樹,災害危険区域における集落内規模の防災移転の財政的実現可能性の検討,土木学会論文集D3 (土木計画学), 71(5), 367-374, 2015.
■2013年
9  秋山祐樹・仙石裕明・柴崎亮介,全国の商業集積統計とその利用環境,GIS-理論と応用,21(2),11-20, 2013.  PDF (GIS学会会員はGIS学会デジタルライブラリでも閲覧可能)
■2012年
8  関口達也・貞広幸雄・秋山祐樹,住宅地滲出型商業集積の形成過程とその要因に関する研究-原宿地域・青山地域・代官山地域を事例とした時空間分析-,都市計画論文集,47(3),301-306, 2012.
7  Akiyama, Y., Analysis of Light Intensity Data by the DMSP/OLS Satellite Image Using Existing Spatial Data for Monitoring Human Activity in Japan, ISPRS Annals of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Science 2012, I-2, 25-30, 2012. URL 日本写真測量学会ISPRS奨励賞受賞
6  Akiyama, Y. and Shibasaki, R., A Method for Identifying Japanese Shop and Company Names by Spatiotemporal Cleaning of Eccentrically Located Frequently Appearing Words, Advances in Artificial Intelligence, Vol2012, Article ID 562604, 2012. URL
■2011年
5  秋山祐樹・柴崎亮介,位置と名称情報を持つ店舗・事業所データの時空間結合手法の開発-都市地域分析への応用に向けて-,GIS-理論と応用,9(2), 1-11, 2011.  PDF (GIS学会会員はGIS学会デジタルライブラリでも閲覧可能) 
4  仙石裕明・秋山祐樹・柴崎亮介,店舗密度に着目した商店街の空間的範囲の特定手法の開発-カーネル密度推定法によるアプローチ-,日本都市計画学会都市計画論文集, 46(3),409-414, 2011.
■~2010年
3  Akiyama, Y., Sengoku, H. and Shibasaki, R., Automatic Detection and Spatio-temporal Analysis of Commercial Accumulations Using Digital Yellow Page Data, World Academy of Science, Engineering and Technology, 66, 122-127, 2010.
2  島崎康信・関本義秀・柴崎亮介・秋山祐樹,人の流れによる時間帯別人口と店舗数との相関関係についての研究,都市計画学会都市計画論文集,44(3), 781-786, 2009.
1  澁木猛・秋山祐樹・柴崎亮介,デジタル地図と電話帳データの時空間統合による店舗及び事業所の立体分布変動モニタリング手法,日本建築学会計画系論文集,73(626), 789-793, 2008.
  

査読付プロシーディングス論文 Peer Reviewed Proceedings Papers

■2017年
22  Akiyama, Y., Nishimoto, Y. and Shibasaki, R., Projecting Future Distributions of Facility Deserts for Smart Regional Planning: A Micro Geodata Approach in Japan, CUPUM2017 Conference Proceedings, #35081, 2017.
21  Ogawa, Y., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., Development of Loss and Recovery Model of Corporate Transactions for Earthquake Disaster Based on the Great East Japan Earthquake and Tsunami, CUPUM2017 Conference Proceedings, #35145, 2017.
20  Yamamoto, Y., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., Estimation of Inter-regional Money Flow Process Using Inter-firm Transaction Big Data and People Flow Big Data, CUPUM2017 Conference Proceedings, #35158, 2017.
19  Ogawa, Y., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., Extraction of Significant Scenarios for Earthquake Damage Estimation Using Sparse Modeling. ISCRAM2017 proceedings, 150-163, 2017. 
■2016年
18  Ogawa, Y., Akiyama, Y., Kanasugi, H., Shibasaki, R. and Kaneda, H., Evaluating the Human Damage of Tsunami at Each Time Frame in Aggregate Units Based on GPS Data, The International Archives of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, XLI-B8, 133-138, 2016. URL
17 Nishimoto, Y., Akiyama, Y. and Shibaaski, R., Future Estimation of Convenience Living Facilities Withdrawal Due to Population Decline All Over Japan From 2010 to 2040 -Focus on Supermarkets, Convenience Stores and Drugstores-, The International Archives of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, XLI-B2, 223-226, 2016. URL
■2015年
16 Kachi, N., Kajimoto, R., Tsukahara, K. and Akiyama, Y., Consideration on Disaster Recovery System to Improve Resilience of Frequent-Landslide Dangerous Area, Proceeding of 11th International Conference of The International Institute for Infrastructure Resilience and Reconstruction (I3R2) “Complex Disasters and Disaster Risk Management”, USB, 1-9, 2015.
15 Akiyama, Y. and Shibasaki, R., Transition Analysis of Regional Characteristics Using Building Geo Big Data and National Census Data Throughout Japan ~Focusing on Compact City, Re-urbanization and Suburban Sprawl~, Proceedings of CUPUM 2015, 295, 1-23, 2015.
14  Ueyama, S., Akiyama, Y., and Shibasaki, R., Integrated Visual Exploration Tool for Fusion of Mass Movement Data and Static Data, Proceedings of CUPUM 2015, 271, 1-16, 2015.
13 Ogawa, Y., Akiyama, Y., Kanasugi, H., Sengoku, H. and Shibasaki, R., Evaluating the Damage of Great Earthquakes in Aggregate Units Based on Detailed Population Distribution for Each Time Frame, Proceedings of CUPUM 2015, 316, 1-18, 2015.
12  Akeyama, Y., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., A New Method of Estimating Locality of Industry Cluster Regions Using Large-scale Business Transaction Data, Proceedings of CUPUM 2015, 347, 1-13, 2015.
11  Sakuramachi R., Fujiwara, N., Fujishima, S., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., Communities in an Inter-firm Network and Their Geographical Perspectives, Proceedings of CUPUM 2015, 371, 1-17, 2015.
■2014年
10 加知範康・新川登志朗・塚原健一・秋山祐樹,東日本大震災における津波避難実態に基づく避難困難者の把握と対策検討 ~宮崎市津波浸水想定区域を対象として~ ,第34回交通工学研究発表会論文集,133-136, 2014.
■2013年
9 Ogawa, Y., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., The Development of Method to Evaluate the damage of Earthquake Disaster Considering Community-based Emergency Response Throughout Japan, The 9th International Conference on Geoinformation for Disaster Management (GI4DM) 2013, TS03-1, 2013.
8  Akiyama, Y., Takada, T. and Shibasaki, R., Development of Micropopulation Census through Disaggregation of National Population Census, CUPUM2013 conference papers, 110, 2013. 
7 Ogawa, Y., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., Evaluation of Catastrophic Earthquake Damage throughout Japan using Estimated Micro Data, CUPUM2013 conference papers, 103, 2013.
■2011年
6 Sengoku, H., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., Time-Series Monitoring Method of Commercial Accumulations using Digital Yellow Page Data, SocialUrb-2011, PASSAT/SocialCom2011, 1431-1436, 2011.
5 Akiyama, Y., Sengoku, H., Hiroyuki, T. and Shibasaki, R., Development of Commercial Accumulation Polygon Data Throughout Japan Based on the Digital Classified Telephone Directory, Proceedings of CUPUM2011, F-TC-3(1), 2011.
■~2010年
4 Akiyama, Y. and Shibasaki, R., Development of Detailed Spatio-temporal Urban Data through the Integration of Digital Maps and Yellow Page Data and Feasibility Study as Complementary Data for Existing Statistical Information, Proceedings of CUPUM2009, Reference No.187, 2009.
3 Akiyama,Y., Shibuki,T., Ueyama,S. and Shibasaki, R, Development of 3D Monitoring Dataset for Shop and Office Tenants Variations in Broad Urban Area by Spatio-temporal Integrationg Digital Maps and Yellow Page Data, The XXI Congress The International Society for Photogrammetry and Remote Sensing Final Programme, 67-74, 2008.
2 Akiyama,Y., Shibuki,T. and Shibasaki,R, Development of Three Dimensional Monitoring Dataset for Tenants Variations in Broad Urban Area by Spatio-temporal Integrating Digital House Maps, Intelligent Environments IE08, CD-ROM (0066), 2008.
1 関本義秀・菊地英一・佐藤圭一・秋山祐樹,パーソントリップデータを活用した人の流れの時空間的な詳細化,第28回交通工学研究発表会論文報告集,197-200, 2008.
 

依頼論文 Invited Papers

4 秋山祐樹,ビッグデータで描く地域の現在と未来の姿,地域開発,620,17-21, 2017.
3  秋山祐樹,GISを活用した時空間ビッグデータ分析-マイクロジオデータで見る我が国の現在と将来-,不動産研究,59(1), 18-28, 2017. URL
2  秋山祐樹,マイクロジオデータを用いた都市・地域モニタリング,人と国土21,41(1),47-51, 2015. URL
1  Akiyama, Y., 2014, Applications of Micro Geo Data for Urban Monitoring, ICGIS2014 Spatial Big Data Technologies and Applications for Future Society, 103-116.
 

簡易審査付論文(アブストラクト審査付) Abstract Reviewed Papers

■2017年
46  秋山祐樹・駒木伸比古・大崎圭祐・仙石裕明・六信孝則・杉田暁,時系列デジタル電話帳を用いた空き家分布推定手法の検討,CSIS DAYS 2017 研究アブストラクト集,C11, 2017.
45  杉本賢二・奥岡桂次郎・秋山祐樹・谷川寛樹,平成28年熊本地震による失った建築物ストックの推計,CSIS DAYS 2017 研究アブストラクト集,C04, 2017.
44 大崎圭祐・仙石裕明・秋山祐樹,将来世帯数推定を用いた空き家分布推定手法の検討,CSIS DAYS 2017 研究アブストラクト集,C10, 2017.
43 篠原豪太・秋山祐樹・柴崎亮介,企業間取引データと事業所データを用いた地域間資本流動の推定,CSIS DAYS 2017 研究アブストラクト集,D07, 2017.
42 杉本賢二・奥岡桂次郎・秋山祐樹・谷川寛樹,熊本地震による失った建築物ストックの推計,土木学会論文集G (環境),73(6),II_293-II_300, 2017.
41 加知範康・塚原健一・秋山祐樹,箱崎キャンパスの跡地利用における周辺住民の生活の質向上を目指した土地利用の検討,第56回土木計画学研究発表会・講演集,CD-ROM(58),3-5, 2017.
40 加知範康・豊田航太郎・塚原健一・秋山祐樹,生活質・インフラ維持費用・環境負荷の改善を目指した立地適正化のための居住誘導シナリオの分析,第55回土木計画学研究発表会・講演集,61-09, 2017.
39 Kachi,N., Kajimoto, R., Tsukahara, K. and Akiyama, Y., Urban Shrinkage and Small Core Formation for Improving Residential Quality of Life and Disaster Resilience in Rural Region, CUPUM2017 Poster Abstracts, 35646, 2017.
38 鷲津宏明・遠藤玲・秋山祐樹,空間人口分布を考慮した私事目的バス停単位需要推計手法の提案,土木学会第72回年次学術講演会講演梗概集,117-118, 2017.
■2016年
37 秋山祐樹,日本の住所による建物同定性評価,CSIS DAYS 2016 研究アブストラクト集,50, 2016.
36 佐藤大誓・秋山祐樹・柴崎亮介,2016年熊本地震における発災直後の建物単位の被害状況および避難者数の推定,CSIS DAYS 2016 研究アブストラクト集,16, 2016. 
35 鷲津宏明・遠藤玲・田中寛朗・秋山祐樹,空間人口分布を考慮した私事目的バス停単位需要推計手法の提案,CSIS DAYS 2016 研究アブストラクト集,29, 2016.
34 秋山千亜紀・秋山祐樹,代表的な経営指標に基づいた日本における下水道事業の経営状態の把握,CSIS DAYS 2016 研究アブストラクト集,38, 2016.
33 小川芳樹・秋山祐樹・柴崎亮介,南海トラフ地震・津波を想定した企業間取引への被害波及の推定と可視化~高知の事例~,CSIS DAYS 2016 研究アブストラクト集,41, 2016. 
32 仙石裕明・秋山祐樹,小地域における将来世帯数推計手法の構築,CSIS DAYS 2016 研究アブストラクト集,43, 2016.
31 松尾健大・加知範康・塚原健一・秋山祐樹,南海トラフ巨大地震による津波浸水想定区域における防災集団移転事業実施の最適時期に関する研究,土木学会年次学術講演会講演概要集,IV-092, 2016.
30 遠藤玲・田中寛朗・鷲津宏明・秋山祐樹,PT調査の空間解像度向上による路面公共交通需要推計精度向上の提案,土木計画学研究・講演集,15-6, 2016.
29 鷲津宏明・遠藤玲・田中寛朗・秋山祐樹,空間人口分布を考慮した私事目的バス停単位需要推計手法の提案,交通工学研究発表会論文集 36, 543-550, 2016.
28 田中寛朗・遠藤玲・秋山祐樹,バス停アクセス距離と人口分布を考慮したバス停単位需要推計手法の提案,土木計画学研究講演集,53, 2016.
■2015年
27 秋山祐樹・柴崎亮介,マイクロ将来推計人口データを用いた将来の空き家分布推定,CSIS DAYS 2015 研究アブストラクト集,41, 2015.
26 豊田航太郎・加知範康・千原広大・塚原健一・秋山祐樹,中山間地におけるQOL維持・向上を目指した居住集約の最適タイミング・集約先の選定,日本計画行政学会第38回全国大会「縮減社会の持続可能性」研究報告要旨集,D-3-4,177-180, 2015.
25 豊田航太郎・加知範康・塚原健一・秋山祐樹・山本丈迅,立地適正化計画策定に向けた生活利便性・安全性・都市経営の地区間・地区内比較に関する基礎的研究,土木学会第70回年次学術講演会講演概要集,Ⅳ-111,221-222, 2015.
24 Akiyama, Y., Visualization of Loss and Recovery of Inter-enterprise Transaction by the Great East Japan Earthquake Using the Inter-enterprise Transaction Big Data, The International Symposium on Cartography in Internet and Ubiquitous Environments 2015, H2. 2015.
23 秋山祐樹,商業集積統計と評価と改良,GIS-理論と応用-,23(1),21-22, 2015.
22 小川芳樹・秋山祐樹・柴崎亮介,2011年東日本大震災に基づく津波被害関数の構築と被害予測,土木計画学研究・講演集,51,2015.
■2014年
21 秋山祐樹・小川芳樹・仙石裕明・柴崎亮介・加藤孝明,マイクロジオデータを活用した大規模地震時における国土スケールの災害リスク評価のためのミクロな空間データ基盤整備,CSIS DAYS 2014 研究アブストラクト集,44, 2014.
20 小川芳樹・秋山祐樹・仙石裕明・柴崎亮介・加藤孝明,2011年東北地方太平洋沖地震津波に基づく津波家屋被害予測,CSIS DAYS 2014 研究アブストラクト集,9, 2014.
19 Akiyama, Y. and Shibasaki, R., Time-series Monitoring of Area Characteristics Using Mass Person Flow Data by Mobile Phone GPS Data -Case study in Greater Tokyo Region-, The International Symposium on City Planning 2014, SS03, S03-12, 2014.
18 Nishimura. T., Akiyama, Y., Shibasaki, R. and Sekimoto, R., Study of Estimate Human Demographic Attributes Using Person Flow Datasets and Apply It for GPS Log Data, The International Symposium on City Planning 2014, SS03, S03-12.P-25, 2014.
17 猪原暁・森田紘圭・加藤博和・林良嗣・杉本賢二・秋山祐樹,全国小地区単位での住民のQOL評価と将来変化予測,土木計画学研究・講演集,49,CD-ROM(59), 2014.
16  橘竜瞳・森田紘圭・加藤博和・林良嗣・杉本賢二・秋山祐樹,大規模自然災害に伴う生命・健康・生活へのダメージの余命指標を用いた評価,土木計画学研究・講演集,49,CD-ROM(61), 2014.
15 梶本涼輔・加知範康・塚原健一・秋山祐樹,災害危険区域における集落内規模の居住地適正化の財政的実現可能性の検討,第49回土木計画学研究発表会・講演集,49,65, 2014.
■2013年
14 秋山祐樹・仙石裕明・柴崎亮介,国政調査の非集計化によるマイクロ人口統計の開発,CSIS DAYS 2013 研究アブストラクト集,47, 2013.
13 加藤孝明・菅田寛・秋山祐樹・仙石裕明・小川芳樹,自然災害リスク評価プラットフォームの開発:QALYへの展開に向けて,日本環境共生学会第16回学術大会発表論文集,343-346, 2013.
12 秋山祐樹・小川芳樹・仙石裕明・柴崎亮介・加藤孝明,大規模地震時における国土スケールの災害リスク・地域災害対応力評価のためのミクロな空間データの基盤整備,第47回土木計画学研究・講演集(CD-ROM,392), 2013.
■2012年
11 秋山祐樹・金杉洋・関本義秀・柴崎亮介,住宅地図データを用いた人々の時刻別空間位置の精細化,第32回交通工学研究発表会論文集,317-323, 2012.
■2011年
10 秋山祐樹・仙石裕明・高田裕之・田村賢哉・柴崎亮介,日本全土の商業集積統計の開発に関する研究,CSIS DAYS 2011 研究アブストラクト集,22, 2011. CSIS DAYS 2011 優秀研究発表賞受賞
9 杉本昌宏・秋山祐樹・碓井照子,GISを用いた創造都市の研究,CSIS DAYS 2011 研究アブストラクト集,23, 2011. 
■~2010年
8 仙石裕明・秋山祐樹・柴崎亮介,電話帳デ-タを用いたDMSP/OLSの都市光の分析,CSIS DAYS 2010 研究アブストラクト集,39, 2010.
7 Akiyama, Y., Sengoku, H. and Shibasaki, R., Development of Spatio-temporal Grid Map for Shops and Offices All Over Japan, Papers and Proceedings of ASIA GIS 2010, 6R301A02, 2010.
6 Sengoku, H., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., The Detection of Commercial Accumulations and Their Time-series Changes, Papers and Proceedings of ASIA GIS 2010, 6R201A04, 2010.
5 Takada, H., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., Analysis on Location Environment for Changes in Commercial Accumulation in Japanese Cities, Papers and Proceedings of ASIA GIS 2010, 6R301A01, 2010.
4 秋山祐樹・柴崎亮介,時空間データ統合システム,CSIS DAYS 2009 研究アブストラクト集,30, 2009.
3 上山智士・秋山祐樹・柴崎亮介,時空間情報可視化システム,CSIS DAYS 2008 研究アブストラクト集,27, 2008.
2 Akiyama,Y., Shibuki,T. and Shibasaki, R, Development of Monitoring Dataset for Shops and Offices Variations in Broad Urban Area by Spatio-temporal Integration of Digital Maps and Yellow Page Data, The 6th Asian Symposium on Geographic Information Systems from a Computer Science & Engineering Viewpoint, 177-186, 2008.
1 秋山祐樹・早坂洋史・高田雅之,都市温度に及ぼす土地利用の影響に関する研究,日本写真測量学会平成17年度年次学術講演会発表論文集,223-226, 2005.

論文(講演論文・ポスター発表) Papers

■2018年
113  遠藤玲・田中寛朗・鷲津宏明・秋山祐樹,路線バスサービス供給に関する合意形成ツールとしてのバス停単位需要推計の可能性 ,土木計画学研究・講演集, 57, No.27-07, 2018.  NEW!!
112  秋山祐樹・秋山千亜紀,建物マイクロジオデータを用いた全国の孤立住宅の分布把握,日本地理学会発表要旨集, 93, 217, 2018.
■2017年
111  秋山祐樹・駒木伸比古・大崎圭祐・仙石裕明・六信孝則・杉田暁,デジタル電話帳を用いた空き家分布推定手法の検討,第26回地理情報システム学会講演論文集, D-5-3, 2017.
110  山本洋平・秋山祐樹・篠原豪太・柴崎亮介,事業所情報を含む大規模企業間取引データと大規模人流データを用いた地域間資本流動の推定,第26回地理情報システム学会講演論文集, C-6-1, 2017.
109  佐藤大誓・小川芳樹・秋山祐樹・柴崎亮介,東日本大震災における復旧・復興の早期回復要因の推定手法に関する検討,第26回地理情報システム学会講演論文集, D-4-1, 2017.
108  篠原豪太・秋山祐樹・柴崎亮介,企業間取引データと事業所データを用いた地域間資金流動の推定,第26回地理情報システム学会講演論文集, C-6-2, 2017
107  秋山千亜紀・秋山祐樹・駒木伸比古,地域課題の発見から解決に向けた地理学と隣接分野のアプローチ,日本地理学会発表要旨集, 92, 30, 2017.
106  秋山祐樹,公共と民間の地理空間情報を活用した地域課題解決の取り組み-鹿児島県鹿児島市と群馬県前橋市における取り組みの事例-,日本地理学会発表要旨集, 92, 33, 2017.
105  Yamamoto, Y., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., Is There Quality in Transaction? -The Method of Evaluation and Practice of Using Actual Inter-Enterprise Transaction Big Data-, ASIA GIS 2017, S4.3-2, 2017.
104  Sato, T., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., Immediate Estimation of Building Damage and the Number of Evacuees in Building Unit after the Earthquake Disaster using Building Micro Geodata, ASIA GIS 2017, S5.2-2, 2017.
103  杉本賢二・奥岡桂次郎・秋山祐樹・谷川寛樹,用途地域における利用容積率の実態と物質蓄積ポテンシャルの把握,環境科学会年会プログラム講演要旨集,216,78, 2017.
■2016年
102  杉本賢二・奥岡桂次郎・秋山祐樹・谷川寛樹,熊本地震による失ったストックの推計,土木学会地震工学委員会第7回インフラ・ライフライン減災シンポジウム講演集, Session3-6, 1-5, 2016.
101  秋山祐樹・柴崎亮介,企業間取引ビッグデータを活用した企業の『コネクターハブ性』推定の試み,第25回地理情報システム学会講演論文集, E-4-3, 2016.
100  秋山千亜紀・秋山祐樹,下水処理施設の持続可能性に関する基礎的研究,第25回地理情報システム学会講演論文集, D-1-2, 2016.
99  佐藤大誓・秋山祐樹・柴崎亮介,マイクロジオデータを用いた2016年熊本地震における建物単位の避難者人数の推定,第25回地理情報システム学会講演論文集, C-3-3, 2016.   地理情報システム学会 ポスターセッション賞受賞
98  山本洋平・秋山祐樹・藤原直哉・柴崎亮介,大規模企業間取引データを用いた企業間取引の質的評価」,第25回地理情報システム学会講演論文集, E-4-1, 2016.
97  西本友香・秋山祐樹・柴崎亮介,今後の人口減少社会における生活困難地域の推定,第25回地理情報システム学会講演論文集, F-4-5, 2016.
96  大崎圭祐・秋山祐樹・柴崎亮介,東南アジアの密集市街地におけるウォーカビリティ推定手法に関する研究,第25回地理情報システム学会講演論文集, P-16, 2016.
95  藤原直哉・桜町律・秋山祐樹・藤嶋翔太・金田穂高・柴崎亮介,人流ネットワークのクラスタリングによる圏域検出と感染症拡大モデル,電子情報通信学会技術研究報告,116(180), 21-26, 2016.
94  秋山祐樹・小川芳樹・柴崎亮介,マイクロジオデータを活用した地震災害リスク評価環境の構築,日本地理学会発表要旨集,90, 2016.
■2015年
93  秋山祐樹・柴崎亮介,商業集積地域の定量的分類に関する研究,第24回地理情報システム学会講演論文集, C-7-1, 2015.  地理情報システム学会 ポスターセッション賞受賞
92  小川芳樹・秋山祐樹・金杉洋・柴崎亮介,マイクロジオデータを用いたパーソントリップの高精細化と人流データの開発,第24回地理情報システム学会講演論文集, F-2-4, 2015.  地理情報システム学会 ポスターセッション賞受賞
91  朱山裕宜・秋山祐樹・柴崎亮介,大規模企業間取引データを用いた地域間時系列ネットワークの可視化,第24回地理情報システム学会講演論文集, C-4-4, 2015.  地理情報システム学会 大会優秀発表賞受賞
90  桜町律・藤原直哉・藤嶋翔太・秋山祐樹・柴崎亮介,人の流れを考慮した都市圏の定義手法に関する研究,第24回地理情報システム学会講演論文集, F-5-4, 2015.
89  西本友香・秋山祐樹・柴崎亮介,人口減少の影響に伴う生活基盤施設の将来消滅予測~2040年までの日本を対象に~,第24回地理情報システム学会講演論文集, F-6-2, 2015.  地理情報システム学会 ポスターセッション賞受賞
88  池澤俊・金杉洋・秋山祐樹・柴崎亮介,個人移動履歴を利用した鉄道利用者数の推定,第24回地理情報システム学会講演論文集, F-3-3, 2015.  地理情報システム学会 ポスターセッション賞受賞
87  秋山祐樹,ミクロな将来人口推計データを用いた将来の空き家分布推定,日本地理学会発表要旨集,88, 49, 2015.
86  秋山祐樹・柴崎亮介,マイクロジオデータを用いた各種生活基盤施設の消失予測と将来居住困難地域の分布推定,土木学会第70回年次学術講演会講演概要集,Ⅳ-107,213-214, 2015.
85  秋山祐樹・柴崎亮介,東日本大震災に伴う津波による企業間取引の喪失と回復の可視化,日本地理学会発表要旨集 2015年度日本地理学会春季学術大会,214, 2015.
■2014年
84  秋山祐樹・仙石裕明・西村隆宏・桑田賢太郎・朱山裕宜・柴崎亮介,クラウドソーシングを活用した店舗等の滞在者数推定の試み,第23回地理情報システム学会講演論文集, E-5-1, 2014.
83  小川芳樹・秋山祐樹・柴崎亮介,2011年東北地方太平洋沖地震津波に基づく家屋の津波被害関数構築に関する研究,第23回地理情報システム学会講演論文集, C-4-2, 2014.
82  西村隆宏・秋山祐樹・金杉洋・Witayangkurn Apichon・柴崎亮介・関本義秀,人の流れデータセットを用いた人々のデモグラフィック属性の推定及びGPSデータへの適用可能性に関する研究,第23回地理情報システム学会講演論文集, E-6-5, 2014.
81  河地薫子・関本義秀・秋山祐樹・柴崎亮介・足立龍太郎,来訪者の動きに着目した歴史的町並みを活かした観光地の類型化に関する研究,第23回地理情報システム学会講演論文集, P-16, 2014.
80  水野弘規・柴崎亮介・秋山祐樹,店舗・事業所の時系列データを用いた業種間関係の定量的分析に関する研究,第23回地理情報システム学会講演論文集, D-5-2, 2014.
79  桜町律・秋山祐樹・柴崎亮介,企業間取引データを用いた都市圏の新しい定義手法に関する研究,第23回地理情報システム学会講演論文集, D-5-1, 2014.
78  朱山裕宜・秋山祐樹・柴崎亮介,企業間取引データを用いた企業取引形態の時空間分析,第23回地理情報システム学会講演論文集, D-6-2, 2014.
■2013年
77  小川芳樹・秋山祐樹・仙石裕明・柴崎亮介,広域地震災害の被害想定のための日本全土における建物データの開発,G空間EXPO 学生フォーラム 2013,No.1-02, 2013. G空間EXPO学生フォーラム 2013 ベストポスター・プレゼン賞受賞
76  仲宗根悠馬・秋山祐樹・仙石裕明・柴崎亮介,小地域における将来人口推計および世帯構成の最適分配に関する研究,G空間EXPO 学生フォーラム 2013,1-4, 2013. G空間EXPO学生フォーラム 2013 ベストポスター・プレゼン賞受賞
75  池田健虎・仙石裕明・秋山祐樹・柴崎亮介,建物築年数の推定に関する研究,G空間EXPO 学生フォーラム 2013,No.1-04, 2013.
74  西村隆宏・秋山祐樹・金杉洋・Teerayut Horanont・柴崎亮介・関本義秀,携帯電話のGPSログデータを用いた人々の行動パターンの分類,G空間EXPO 学生フォーラム 2013,No.1-07, 2013.
73  河地薫子・秋山祐樹・上山智士・柴崎亮介,詳細な地理情報やWEBから収集したデータを用いた商店街の特性分類,G空間EXPO 学生フォーラム 2013,No.3-08, 2013.
72  水野弘規・秋山祐樹・柴崎亮介,デジタル電話帳データを用いた店舗・事業所の時系列データ構築と 分析手法の研究,G空間EXPO 学生フォーラム 2013,No.3-11, 2013.
71  秋山祐樹・Teerayut Horanont・柴崎亮介,大規模人流データを用いた商業地域における来訪者数の時系列分析,第22回地理情報システム学会講演論文集, C-5-4, 2013..
70  仙石裕明・池田健虎・秋山祐樹・柴崎亮介,線分検出による建物ポリゴンデータの生成,第22回地理情報システム学会講演論文集, E-6-1, 2013.
69  小川芳樹・秋山祐樹・仙石裕明・柴崎亮介,広域地震災害の被害想定のための日本全土における建物単体データの開発,第22回地理情報システム学会講演論文集, F-3-4, 2013. 地理情報システム学会 大会優秀発表賞受賞
68  池田健虎・仙石裕明・秋山祐樹・柴崎亮介,建物築年数の推定に関する研究,第22回地理情報システム学会講演論文集, E-5-1, 2013.
67  仲宗根悠馬・秋山祐樹・仙石裕明・柴崎亮介,小地域における将来人口推計手法および世帯構成の最適分配に関する研究,第22回地理情報システム学会講演論文集, E-5-2, 2013.
66  西村隆宏・秋山祐樹・Teerayut Horanont・柴崎亮介・関本義秀,携帯電話のGPSログデータを用いた人々の行動パターンの分類,第22回地理情報システム学会講 演論文集, C-4-4, 2013.
65  水野弘規・秋山祐樹・柴崎亮介,デジタル電話帳データを用いた店舗・事業所の時系列データ構築と分析手法の研究,第22回地理情報システム学会講演論文集, F-4-2, 2013.
64  河地薫子・秋山祐樹・上山智士・柴崎亮介,詳細な地理情報やWEBから収集したデータを用いた商店街の特性分類,第22回 地理情報システム学会講演論文集, C-5-1, 2013.
63  Akiyama, Y., Evaluation Analysis of Estimation of Population Distribution by DMSP/OLS Satellite Images Using GPS Log Data of Mobile Phones, 34th Asian Conference on Remote Sensing 2013 (ACRS 2013), 4042-4049, 2013. AARS Innovation Award受賞 
62  Ogawa, Y., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., Development for the Damage Prediction Data of Earthquake Disaster, 34th Asian Conference on Remote Sensing 2013 (ACRS 2013), 4136-4143, 2013.
61  Nakasone, Y., Sengoku, H., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., Estimating Method of the Future Population at Small Administrative Unit, 34th Asian Conference on Remote Sensing 2013 (ACRS 2013), 4257-4263, 2013.
60  Nishimura, T., Akiyama, Y., Horanont, T. and Shibasaki, R., Analysis and Evaluation of  Human Lifestyle Pattern Using Mobile phone GPS in Japan, 34th Asian Conference on Remote Sensing 2013 (ACRS 2013), 4241-4248, 2013.
59  Kawachi, K., Akiyama, Y., Ueyama, S. and Shibasaki, R., Characterization of Shopping Streets Using Detailed Geographic Information from The Web, 34th Asian Conference on Remote Sensing 2013 (ACRS 2013), 4434-4441, 2013.
58  Mizuno, H., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., Development and Analysis of Time-Series Geodata of Shops and Offices Using Digital Telephone directory, 34th Asian Conference on Remote Sensing 2013 (ACRS 2013), 4181-4184, 2013.
■2012年
57  秋山祐樹・上山智士・Horanont Teerayut・仙石裕明・柴崎亮介,大規模移動データを用いた商業地域における来訪者の特性分析,第21回地理情報システム学会講演論文集, F-7-3, 2012.
56  岡本裕紀・秋山祐樹・上山智士・柴崎亮介,時間による商業地域の形状変化と商業地域内における流動人口変化の可視化,第21回地理情報システム学会講演論文集, D-7-4, 2012.
55  小川芳樹・秋山祐樹・仙石裕明・柴崎亮介,地震時に おける広域火災被害評価のための推定建物構造データの開発,第21回地理情報システム学会講演論文集, C-5-2, 2012.
54  上山智士・秋山祐樹・柴崎亮介,大規模移動データの可視化システム,第21回地理情報システム学会講演論文集, F-4-3, 2012.
53 羽田野真由美・上山智士・秋山祐樹・Horanont Teerayut・柴崎亮介,GPS データを用いた商業集積地来訪者の行動パターン抽出方法の検討,第21回地理情報システム学会講演論文集, F-3-4, 2012. 地理情報システム学会 大会優秀発表賞受賞
52 仲宗根悠馬・秋山祐樹・仙石裕明・柴崎亮介,町丁目単位における将来人口推計手法に関する研究,第21回地理情報システム学会講演論文集, E-1-3, 2012.
51 池田健虎・秋山祐樹・仙石裕明・柴崎亮介,新旧住宅地図における建築物の築年数推定,第21回地理情報システム学会講演論文集, D-1-3, 2012.
50  仙石裕明・秋山祐樹・池田健虎・柴崎亮介,建物形状の単純化による建物同定の高速化,第 21回地理情報システム学会講演論文集, D-1-2, 2012.
49 秋山祐樹,マイクロジオデータの登場とマイクロジオデータ研究の最前線,日本地理学会発表要旨集82,43, 2012.
48 杉本昌宏・秋山祐樹・碓井照子,マイクロジオデータを活用したサブカルチャーによる創造都市の研究,日本地理学会発表要旨集,82,45, 2012.
47 杉本昌宏・秋山祐樹・碓井照子,大阪日本橋におけるサブカルチャーによる創造都市の研究,日本地理学会発表要旨集,81,184, 2012.
■2011年
46  秋山祐樹,マイクロジオデータが拓く新しい研究領域,若手技術者・研究者のための技術研究発表大会2011年度大会,基調講演5, 2011.
45  仙石裕明・秋山祐樹・東郷直子・田村賢哉・西林直哉・尾崎正志・坂野尚吾,地理・歴史教育におけるGIS導入・利用の課題と要望― Google Earthを用いた教材開発システムの実証を通じて―,若手技術者・研究者のための技術研究発表大会2011年度大会,S1-5, 2011. 研究発表賞受賞
44  相田哲宏・秋山祐樹・柴崎亮介,テナントエージェントモデルによる商業地域の変化推定,若手技術者・研究者のための技術研究発表大会2011年度大会,S2-5, 2011.
43 羽田野真由美・秋山祐樹・柴崎亮介・中村敏和,ダイナミックな人口推定データを用いた人の移動推定手法の構築,若手技術者・研究者のための技術研究発表大会 2011年度大会,S2-6, 2011.
42 杉本昌宏・秋山祐樹・碓井照子,GISを用いた創造都市の可能性に関する研究,若手技術者・研究者のための技術研究発表大会2011年度大会,S2-7, 2011.
41 上川紗季・秋山祐樹・田村賢哉・碓井照子,GISを利用した佐賀県鳥栖市における九州新幹線開通効果の研究,若手技術者・研究者のための技術研究発表大会 2011年度大会,S2-8, 2011.
40 中俣結香子・秋山祐樹・碓井照子・田村賢哉,奈良県橿原市における商業地域の分布の現状, 若手技術者・研究者のための技術研究発表大会2011年度大会,S2-12, 2011.
39 秋山祐樹・仙石裕明・田村賢哉・柴崎亮介,日本全土の商業統計ポリゴンデータの開発と商業集積地域ポリゴンデータの信頼性検証,第20回地理情報システム学会講演論文集, F-2-3, 2011.
38  仙石裕明・秋山祐樹・柴崎亮介,GPS携帯電話のオートログを利用した商業集積地における回遊行動の分析,第20回地理情報システム学会講演論文集, D-4-1, 2011.
37  相田哲宏・秋山祐樹・柴崎亮介,テナントエージェントモデルによる商業地域の変化推定,第20回地理情報システム学会講演論文集, D-3-2, 2011.
36  岡本裕紀・秋山祐樹・仙石裕明・柴崎亮介,商業集積地における業種別店舗および事業所の営業時間情報と人の時空間分布情報の可視化,第20回地理情報システム学会講演論文集, D-3-1, 2011
35  田村賢哉・秋山祐樹・藤本悠・仙石裕明・碓井照子,FOSS4Gを用いた全国商店街・商業地域の分析,第20回地理情報システム学会講演論文集, D-2-2, 2011.
34  Akiyama, Y. and Shibasaki, R., Analysis of Light Data on the DMSP/OLS Satellite Image Using Existing Spatial Data for Monitoring Human Activity in Japan, 32nd Asian Conference on Remote Sensing 2011 (ACRS 2011), 2324-2329, 2011. CTSPRS Accommodation Support Award受賞
33  Takada, H., Akiyama, Y., Sengoku, H. and Shibasaki, R., Extraction Food Desert Areas with Detailed Household Data Estimated by Merging the Digital Maps and the Population Census, 32nd Asian Conference on Remote Sensing 2011 (ACRS 2011), 797-801, 2011.
32  Aida, A., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., Estimation of Commercial Area Changing with Tenant Agent Model, 32nd Asian Conference on Remote Sensing 2011 (ACRS 2011), 1020-1023, 2011.
31  Okamoto,Y., Akiyama, Y., Ueyama, S. and Shibasaki, R., Visualization of Business Hours for Shops and Offices Classified by Business Categories in Shopping Area, 32nd Asian Conference on Remote Sensing 2011 (ACRS 2011), 791-796, 2011.
30 Hadano, M., Akiyama, Y., Shibasaki, R. and Nakamura, T., Development of People Movement Model Using Dynamic Estimated Population Data, 32nd Asian Conference on Remote Sensing 2011 (ACRS 2011), 2395-2399, 2011.
■~2010年
29  Sengoku, H., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., The Analysis of City Lights on DMSP/OLS Data Using Digital Telephone Data, The 31st Asian Conference on Remote Sensing, TS15-3, 2010.
28  秋山祐樹・仙石裕明・柴崎亮介,日本全土の商業集積地域の分布と集積ごとのチェーン店進出状況の把握,第19回地理情報システム学会講演論文集, CD-ROM, 2010.
27  仙石裕明・秋山祐樹・柴崎亮介,衰退傾向にある商業集積地の抽出とパターン分類 ~全国の商業集積地を対象として~,第19回地理情報システム学会講演論文集, CD-ROM, 2010.
26  秋山祐樹・仙石裕明・高田裕之・柴崎亮介,日本全土の商業集積地域ポリゴンデータの開発,G空間EXPO学生フォーラム2010 / 学生・若手地理空間情報 フォーラム2010 in 関西,Session2-14 S_3_05, 2010.
25  秋山祐樹・柴崎亮介,時空間データ統合システム,地理空間情報学生フォーラム2009 in関西,S3-9, 2009. 地理空間情報フォーラム・学生フォーラムin関西 ベストポスター賞受賞
24  Akiyama, Y., Sengoku, H. and Shibasaki, R., An Attempt of Regional Analysis Using Web Search Result of Geographic Information, 2009 Korea Japan GIS International Symposium Joint Conference of KAGIS Fall Symposium, 84-87, 2009.
23  Sengoku, H., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., Automatic Detection and Analysis of Commercial Accumulations with Yellow Page Data - A Study in the Special wards of Tokyo -, 2009 Korea Japan GIS International Symposium Joint Conference of KAGIS Fall Symposium, 72-75, 2009.
22  Akiyama, Y., Sengoku, H. and Shibasaki, R., Development of Time-series Dataset of Shops and Offices Through the Integration of Digital Map and Yellow Page Data and Analysis of Present State of Local Shopping Areas, The 30th Asian Conference on Remote Sensing, PS3-25, 2009. ACRS2009 Best Poster Award受賞
21  秋山祐樹・仙石裕明・柴崎亮介,電話帳と電子地図を用いた店舗および事業所の時系列データセット開発と商業集積地域の現状分析,第18回地理情報システム学会講演論文集,18, 233-238, 2009.
20  島崎康信・関本義秀・柴崎亮介・秋山祐樹,人の流れから算出される滞在時間と商業統計の関係性についての研究,第18回地理情報システム学会講演論文集,18, 239-242, 2009.
19  秋山祐樹・柴崎亮介,デジタル地図と電話帳の統合による都市の詳細な時空間データの開発と既存統計情報の補完データとしての可能性検討,日本地球惑星科学連合2009年大会,CD-ROM・Webで公開(セッションX166-001), 2009.
18  Akiyama,Y., Shibuki,T., Ueyama,S. and Shibasaki, R., Development of Monitoring Dataset for Shops and Offices Variations by Spatio-temporal Integration of Digital House Maps and Yellow Page Data, Proceeding of The New Era for Asia GIS, ASIA GIS 2008, 30, 2008.
17  秋山祐樹・澁木猛・柴崎亮介,テナントスケールの時空間都市データセット開発とそれを用いた将来再開発地域の推定,第17回地理情報システム学会講演論文集,17, 603-606, 2008.
16  秋山祐樹・澁木猛・上山智士・柴崎亮介,電子地図と電話帳情報の時空間統合による店舗および事業所の立体変動モニタリングデータセットの開発,地理空間情報フォーラム2008学生フォーラム発表論文集,10, 179-184, 2008.
15  澁木猛・秋山祐樹・柴崎亮介,デジタル地図と電話帳データの時空間統合による店舗・事業所3Dモニタリング,日本地球惑星科学連合2008年大会,CD-ROM・Webで公開(セッションX165-009), 2008.
14  秋山祐樹・澁木猛・柴崎亮介,電子地図と電話帳情報の時空間結合による店舗および事業所の広域立体変動モニタリングデータセットの開発,日本地球惑星科学連合2008年大会,CD-ROM・Webで公開(セッションX165-010), 2008.
13  Akiyama,Y., Shibuki,T., Osada,T., Ueyama,S. and Shibasaki,R., A Study of an Efficient Method for Creating a Detailed Spatiotemporal Urban Dataset for Urban Analysis by Spatially Integrating Digital Maps and Yellow Page Data, The 9th International Cooperative Seminar Between KAGIS and GISA, 185, 2007.
12 Osada,T., Akiyama,Y., Shibuki,T. and Shibasaki,R., A Study on Distribution Tendencies of Business Establishments by Detailed Urban Dataset and Its Accuracy Validation, The 9th International Cooperative Seminar Between KAGIS and GISA, 197, 2007.
11  Ueyama,S., Akiyama,Y. and Shibasaki,R, Platform for Spatial Information Processing and Community Based Application Development, The 9th International Cooperative Seminar Between KAGIS and GISA, 217, 2007.
10 秋山祐樹・澁木猛・長田達朗・上山智士・柴崎亮介,電話帳情報と電子地図の時空間結合による超広域詳細都市時空間データセット作成に関する研究,第16回地理情報システム学会講演論文集,147-152, 2007.
9 長田達朗・秋山祐樹・澁木猛・柴崎亮介,電話帳情報と電子地図の時空間的結合データセットを用いた東京23 区における事業所の立地変化に関する分析,第16回地理情報システム学会講演論文集,16,431-434, 2007.
8 Akiyama,Y., Shibuki,T. and Shibasaki, R., A Study on an Efficient Making Method of Detailed Urban Dataset by Spatial Integration of Yellow-page Data and Digital Maps for Urban Analysis, Proceeding of ACRS 2006, C-1_C2, 2006.
7 Osada,T., Akiyama, Y. and Shibasaki, R., A Study on Distribution Tendencies of Commercial Tenants in Urban Area by Detailed Time-series Urban Dataset, Proceeding of ACRS 2006, P-2_Q22, 2006.
6 Ueyama, S., Akiyama, Y. and Shibasaki, R, Platform for Visualization and Web-based Collaboration of Spatial , Proceeding of ACRS 2006, G-1_G4, 2006.
5 Shibuki,T., Akiyama,Y. and Shibasaki, R., An Analysis for Tenants' Change Using Digital Town Map in Tokyo Roppongi Area, Proceeding of ACRS 2006, G-2_G8, 2006.
4  秋山祐樹・大西量明・柴崎亮介,既存情報の空間的結合による詳細都市データセットの作成と都市分析への応用に関する研究,全国測量技術大会2006・学生 フォーラム2006発表論文集,99-104, 2006.
3  Akiyama,Y., Onishi, R. and Shibasaki, R., A study on An Efficient Making Method of Detailed Urban Dataset by Spatial Integration of Yellow-page Data and Digital Maps for Urban Analysis, Abstracts of ASIA GIS 2006, 34, 2006.
2 Akiyama, Y., Onishi, R. and Shibasaki, R., A Study on an Efficient Making Method of Detailed Urban Dataset by Spatial Integration of Yellow-page Data and Digital Maps for Urban Analysis, Proceeding of ACRS 2005, SPD-6, 2005.
1  Onishi, R., Akiyama, Y., Shibasaki, R. and Tanaka, H., A Study on Monitoring Method of Urban Commercial Area, Proceeding of ACRS 2005, GDS1-5, 2005.

学位論文 Academic Theses

3  秋山祐樹,都市空間の詳細時空間データセット開発と商業集積地域の時空間分析,東京大学大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻平成22年度博士論文, 2010. 梗概(PDF)
2  秋山祐樹,既存電子地図と電話帳情報の時空間的結合による詳細都市データセットの作成に関する研究,東京大学大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻平成18 年度修士論文, 2006. 梗概(PDF)
1 秋山祐樹, 都市温度に及ぼす土地利用の影響に関する研究-札幌市とその周辺地域について-,北海道大学工学部建築都市学科平成16年度卒業論文, 2004. 梗概(PDF)

書籍 Books

4  Igarashi, C., Akiyama Y. and Kamiya, K., "Chapter 3: A Collapse in Regional Infrastructure", "Japan’s Population Implosion", 51-78, 19 Dec, 2017. LINK
e-books: Springer Nature, 1 Dec, 2017. LINK
              Palgrave Macmillan, 1 Dec, 2017. LINK
3  Hayashi, Y. et. al. (eds.), Akiyama, Y. et al.(contributors), "Disaster Resilient Cities -Concepts and Practical Examples-", Elsevier, 24 Mar 2016. LINK
2 秋山祐樹ほか,「第2章 地方の生活インフラの崩壊」,人口蒸発『5000万人国家』日本の衝撃,新潮社, 60-84, 2015.06.30. LINK
1 林良嗣・鈴木康弘[編著],秋山祐樹ほか[分担執筆者],レジリエンスと地域創生,明石書店,49-50,176-189, 2015.03.15. LINK

受賞 Awards

21 公益社団法人日本測量協会 測量・地理空間情報技術奨励賞(2018年:共同(筆頭))URL  NEW!!
20 一般財団法人住総研 研究・実践選奨 (2018年:共同(筆頭))URL  NEW!!
19 地理情報システム学会 ポスターセッション賞 (2016年:共同) URL
18 日本写真測量学会 ISPRS奨励賞(2016年:共同(筆頭)) URL
17 地理情報システム学会賞(データ・ソフトウェア部門)(2015年:単独)  URL
13,14
15,16
地理情報システム学会 ポスターセッション賞
(2015年:共同(筆頭) 他共同で3編受賞)URL
12 公益財団法人統計情報研究開発センター(Sinfonica) 統計GIS活動奨励賞(2015年:単独) URL
10,11  G空間EXPO学生フォーラム2013 ベストポスター・プレゼン賞(2013年:共同で2編)
9 Asian Conference on Remote Sensing 2013 (ACRS),
AARS Innovation Award (2013:共同(筆頭))
8 ESRIジャパン第9回GISコミュニティ・フォーラム マップギャラリー 入賞(5位) 
(2013年:共同(筆頭)) 入賞作品(PDF)
7 地理情報システム学会賞(研究奨励部門)(2012年:単独) URL
6 日本写真測量学会 ISPRS奨励賞(2012年:単独) URL
5 関西G空間フォーラム若手技術者・研究者のための技術研究発表会 優秀発表賞(2011年:共同) URL
4 CSIS DAYS 2011 優秀研究発表賞(2011年:共同(筆頭)) URL
3 Asian Conference on Remote Sensing 2011 (ACRS),
CTSPRS Accommodation Support Award (2011:共同(筆頭))  Poster(E)
2 地理空間情報フォーラム・学生フォーラムin関西 ベストポスター賞(2009年:共同(筆頭))
1 Asian Conference on Remote Sensing 2009 (ACRS), Best Poster Award (2009:共同(筆頭))

競争的資金 Competitive Research Funds

19 中部大学国際GISセンター共同研究特定課題研究 1-4:ビッグデータ解析 「ドローンにより収集した熱赤外画像を用いた空き家分布推定手法の基礎的研究」(2018年度:研究助成;共同(筆頭)) NEW!!
18  一般財団法人住総研研究助成(選奨報奨枠),「マイクロジオデータを用いた日本全国の家賃形成メカニズムの解明」(2018~2019年度:研究助成;共同(筆頭))  NEW!!
17  愛知大学三遠南信地域連携研究センター【越境地域政策拠点】2018年度共同研究(一般共同研究 研究課題番号:2018-006)「日本全国を対象とした孤立住宅の分布把握と孤立住宅に対する越境地域政策の運用可能性に関する研究」(2018年度;共同(共同研究者))  NEW!!
16  科学研究費補助金 基盤研究(B)(研究課題番号:18H03120 研究分野:高齢者看護学および地域看護学関連)「地域の全体最適を目指した減災ケアの可視化とツールの開発」(2018~2022年度;共同(共同研究者))  
15  科学研究費補助金 基盤研究(B)(研究課題番号:17H02040 研究分野:社会システム工学・安全システム)「ビックデータを活用した居住地域縮退と災害安全度向上を両立する立地適正化モデル開発」(2017~2021年度;共同(共同研究者))
14 中部大学国際GISセンター共同研究特定課題研究 1-4:ビッグデータ解析 「デジタル電話帳を活用した空き家分布推定手法の開発」(2017年度:研究助成;共同(筆頭))
13 一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会「G空間情報のAPI等による流通・連携における研究」(2017年度:受託研究;共同(筆頭))
12 中部大学国際GISセンター共同研究特定課題研究 1-4:ビッグデータ解析 「高齢者に関する詳細な居住地分布の推定手法の開発」(2016年度:研究助成;共同(筆頭))
11 一般財団法人住総研研究助成,「マイクロジオデータを用いた家賃形成メカニズムの研究~住まい手からみた住宅の価値と市場価値の乖離に着目して~」(2016~2017年度:研究助成;共同(筆頭))
10 中部大学国際GISセンター共同研究特定課題研究 1-4:ビッグデータ解析「クラウドソーシングを活用した歩行者通行量推定技術の開発」(2015年度:研究助成;共同(筆頭))
9 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究(研究課題番号:15K12453 研究分野:地理学)「携帯電話GPSより得られる人流ビッグデータの各人属性推定による人間活動統計の実現」(2015~2017年度;単独) URL
8 財団法人生産技術研究奨励会 平成26年上期国際研究集会派遣助成 (2014年:海外派遣助成)
7 平成24年度国土政策関係研究支援事業(2012年:研究助成;共同(筆頭))
6 平成22年度(財)理工学振興会研究助成(2010年:研究助成;単独)
5 財団法人生産技術研究奨励会 平成22年上期国際研究集会派遣助成(2010年:海外派遣助成)
4 財団法人生産技術研究奨励会 平成21年上期国際研究集会派遣助成(2009年:海外派遣助成)
3 平成21年度(前期)東京大学学術研究活動等奨励事業(国外)(2009年:海外派遣助成)
2 平成21年度国土政策関係研究支援事業(2009 年:研究助成;共同(共同研究者))
1 財団法人生産技術研究奨励会 平成20年上期国際研究集会派遣助成(2008年:海外派遣助成)

雑誌・記事 Magazines and Articles

■2017年
27 大崎圭祐・仙石裕明・秋山祐樹,2017年,「データを掛け合わせて空き家分布を特定せよ~国勢調査による空き家分布量推計~」,GIS NEXT,第61号, 2017.10.25 ※1 LINK
26 小川芳樹・秋山祐樹,シナリオ爆発に立ち向かえ!~スパースモデリングを活用した地震被害推定の取り組み~,GIS NEXT,60, 66-67, 2017.07.25 ※1 LINK
25 仙石裕明・秋山祐樹,都市計画情報を考慮したミクロな将来世帯数の推計,GIS NEXT,59, 66-67, 2017.04.26 ※1 LINK
24 秋山祐樹,災害弱者を探せ!~マイクロ人口統計を活用した災害弱者の分布推定~,GIS NEXT,58, 66-67, 2017.01.26 ※1 LINK
■2016年
23 佐藤大誓・秋山祐樹,建物マイクロジオデータによる大地震発災直後の被害把握の試み,GIS NEXT,57, 64-65, 2016.10.25 ※1 LINK
22  秋山祐樹,これからどこで空き家が増えるのか?~マイクロジオデータで探る今後の動向その2~,GIS NEXT,56, 62-63, 2016.07.26 ※1 LINK
21 秋山祐樹,これからどこで空き家が増えるのか?~マイクロジオデータで探る今後の動向~,GIS NEXT,55, 62-63, 2016.04.26 ※1 LINK
20 加知範康・梶本涼輔・秋山祐樹,生活の質と防災力向上を目指した『小さな拠点』づくり ~生活サービス施設・居住地集約策の検討~,九州経済調査月報,851, 4-9, 2016.04.15
19 秋山祐樹・YoungJoo LEE ,マイクロジオデータ研究の国際展開~日韓国際共同研究にむけた活動~,GIS NEXT,54, 62-63, 2016.01.25 ※1 LINK
■2015年
18 桜町律・秋山祐樹,企業間取引ビッグデータの可能性~企業の経済運命共同体は近くにあるとは限らない!?~,GIS NEXT,52, 66-67, 2015.07.27 ※1 LINK
17 朱山裕宜・秋山祐樹,企業間取引ビッグデータの可能性~新しい地域クラスター定義手法の実現と地域間取引関係の分析~,GIS NEXT,51, 70-71, 2015.04.27 ※1 LINK
■2014年
16 秋山祐樹・仙石裕明・西村隆宏,Pstayプロジェクト~クラウドソーシングで作る店舗滞在者数マップ~,GIS NEXT,49, 62-63, 2014.10.28 ※1 LINK
15 秋山祐樹,東京大学+マイクロジオデータ研究会マイクロジオデータを防災へ活用することの有効さ,月刊ニューメディア,2014年10月号,表紙・4, 2014.09.01 LINK
14 上山智士・仙石裕明・秋山祐樹,人の動きがみえる時空間データ解析プラットフォーム Mobmap,GIS NEXT,48, 72-73, 2014.07.28 ※1 LINK
13 秋山祐樹,マイクロジオデータ研究会の活動報告と今後の展開,GIS NEXT,47, 72-73, 2014.04.28 ※1 LINK
12 水野弘規・秋山祐樹・木村秀貴,店舗・事業所の時系列変化情報を用いた商業店舗売上の変動予測の可能性,GIS NEXT,46, 64-65, 2014.01.27 ※1 LINK
■2013年
11 秋山祐樹,マイクロジオデータを用いた都市センシング技術,月刊『地域開発』,2013年12月号(591),15-21,2013.12.01 LINK
10 秋山祐樹・小川芳樹,マイクロジオデータが可能にする高精細な地震被害リスク評価,GIS NEXT,43,62-63,2012.04.25 ※1 LINK
■2012年
9 秋山祐樹,ISPRS2012参加報告,写真測量とリモートセンシング-空間情報の計測と利用-,
51 (5),329, 2012.11.06
8 秋山祐樹・上山智士,2012年,「『人』単位のマイクロジオデータが描くダイナミックな東京」,GIS NEXT,41, 82-83, 2012.10.25 ※1 LINK
7 秋山祐樹・仙石裕明,マイクロジオデータの活用事例と普及に向けた講習会の開催,GIS NEXT,40, 82-83, 2012.07.25 ※1 LINK
6 秋山祐樹・高田裕之,面から点へ、マイクロジオデータを利用した人口統計の新たな道標,
GIS NEXT,39, 56-57, 2012.04.25 ※1 LINK
5 秋山祐樹・岡本裕紀,商店街活性化に一役V 商業地域の1日の変化を追う,GIS NEXT,38, 60-61, 2012.01.26 ※1 LINK
■2011年
4 秋山祐樹・仙石裕明,商店街活性化に一役IV 商業統計の代替・補完の可能性,GIS NEXT,37, 62-63, 2011.10.25 ※1 LINK
3 秋山祐樹・仙石裕明,商店街活性化に一役III 商店街の立地特性が分かる,GIS NEXT,36, 58-59, 2011.07.25 ※1 LINK
2 秋山祐樹・仙石裕明,商店街活性化に一役II 日本全土の商業地域を一望,GIS NEXT,35, 58-59, 2011.04.27 ※1 LINK
1 秋山祐樹・仙石裕明,商店街活性化に一役商業変化の捉え方が変わる,GIS NEXT,34, 58-59, 2011.01.25 ※1 LINK

報告書・資料等 Reports and Research Documents

9 上田章紘・秋山祐樹・大野佳哉,空き家発生・分布メカニズムの解明に関する調査研究(その1),国土交通政策研究,136,1-46, 2017.
8 秋山祐樹・仙石裕明・小橋雄毅・杉田暁,高齢者に関する詳細な居住地分布の推定手法の開発,2016年度中部大学国際GISセンター共同研究特定課題研究 1-4:ビッ グデータ解析(採択課題番号:IDEAS201610), 2017.
7 韓国国土研究院・東京大学空間情報科学研究センター(研究実施者:秋山祐樹・西本友香), "Geospatial Big Data Analytics for the Diagnosis of Regional Wellbeing in an Era of Decreasing Population (原文:인구감소시대의 지역문제 진단을 위한 공간 빅데이터 활용방안 연구)",大韓民国経済人文社会研究会 未来社会協同研究叢書, 2016.  LINK
6 秋山祐樹・仙石裕明・上山智士・中西航・笹尾知世・西村隆宏・杉田暁, クラウドソーシングを活用した歩行者通行量推定技術の開発,2015年度中部大学国際GISセンター共同研究特定課題研究 1-4:ビッ グデータ解析(採択課題番号:IDEAS201507), 2016. 報告書 
5 中谷友樹・永田彰平・秋山祐樹,日本人の食生活の内容を規定する社会経済的要因に関する実証的研究 社会経済的要因と高齢者の食生活・栄養状態との関連:食物摂取状況を反映する地理的フードアクセス指標,日本人の食生活の内容を規定する社会経済的要因 に関する実証的研究 平成26年度 総括・分担研究報告書, 2015.
4 中谷友樹・永田彰平・秋山祐樹,日本人の食生活の内容を規定する社会経済的要因に関する実証的研究 9.食料品店への近接性と高齢者の食生活・栄養状態との関連:食料品店へ近接性を反映する地理的環境指標の検討,日本人の食生活の内容を規定する社会経 済的要因に関する実証的研究 平成25年度 総括・分担研究報告書, 2014.
3 秋山祐樹・小川芳樹,国土スケールにおける大規模地震への災害対応力の定量的評価と我が国の防災政策への提案,平成24年度国土政策関係研究支援事業, 2013. 報告書
2 国土交通省国土計画局参事官室,「平成22年度地理空間情報に係る個人情報該当性等に関する調査」,東京大学空間情報科学研究センターとして受託.本報告書の第2章を担当, 2010.
1 熊谷潤・秋山祐樹,デジタル地図と電話帳データの統合による日本全土における都市の店舗・事業所変化の時空間解析,平成21年度国土政策関係研究支援事業, 2009. 報告書

データ・ソフトウェア Data and Software

7 東京大学空間情報科学研究センター・共同研究利用システム用「商業集積統計」(2010~2014年版(Ver2015))  データの紹介 データの利用方法(東大CSIS),2015.
6 マイクロジオデータ 世帯単位属性推定データシリーズ「世帯単位属性推定データシリーズ 人口統計パッケージ(2010年版)」,株式会社マイクロベースの技術顧問として開発支援,2014~2015.
5 マーケティングコンテンツ「商業集積統計データ2014」,東京大学と株式会社ゼンリンの共同研究にて開発,2014年
4 マーケティングコンテンツ「商業集積統計データ2013」,東京大学と株式会社ゼンリンの共同研究にて開発,2013. URL
3 東京大学空間情報科学研究センター・共同研究利用システム用「商業集積統計」(2010年版(Ver2010_1.0c)・2011年版(Ver2011_1.0c)) データの紹介 データの利用方法(東大CSIS),2013.
2 マーケティングコンテンツ「商業集積統計データ2012」,東京大学と株式会社ゼンリンの共同研究にて開発,2012.
1 マーケティングコンテンツ「商業集積統計データ2011」,東京大学と株式会社ゼンリンの共同研究にて開発,2011.  データの紹介  ニュースリリース 関連論文1(E) 関連論文2 poster

講演 Lectures

■2018年
53 秋山祐樹,ポスト京への期待-空間情報を活用した社会経済シミュレーションの高度化とそれらを支えるデータワールドの構築に向けて-,平成29年度ポスト「京」重点課題3「地震・津波による複合災害の 統合的予測システムの構築」成果発表会 パネルディスカッション「ポスト京に向けた地震・津波による複合災害の統合的予測システムの挑戦と実用化」,招待講演(パネリスト), 2018. URL NEW!!
52 秋山祐樹,公共と民間の地域情報を活用した地域課題解決の取り組み-鹿児島県鹿児島市と群馬県前橋市における取り組みの事例-,愛知大学三遠南信地域連携研究センター 2017年度越境地域政策研究フォーラム シンポジウム「地方創生に向けた地域情報の活用とは」,招待講演(パネリスト), 2018. NEW!!
■2017年
51 秋山祐樹,震災ビッグデータの開発と応用~シナリオ爆発時代における最新の展開~,統計数理研究所研究集会「公的大規模データの利用におけるプライバシー保護の理論と応用」,招待講演, 2017.
50 秋山祐樹,ビッグデータの現状と将来,第84回形の科学シンポジウム「ビッグデータとかたち」,招待講演, 2017. LINK
49 秋山祐樹,マイクロジオデータを活用したミクロな地震被害リスク評価,筑波大学第162回リスク工学研究会(RERM),招待講演, 2017. LINK
48 秋山祐樹,空間情報✕地域創生~マイクロジオデータの可能性~,第11回マイクロジオデータ研究会,講演, 2017.  LINK
47 秋山祐樹,社会における地理空間情報の利活用 ビッグデータ時代における地理学の役割とは?,筑波大学人文地理学分野人文地理学談話会,招待講演, 2017. LINK
46 秋山祐樹,公共と民間の地理空間情報を活用した地域課題解決の取り組み-鹿児島県鹿児島市と群馬県前橋市における取り組みの事例-,日本地理学会2017年秋季学術大会 シンポジウム5「地域課題の発見から解決に向けた地理学と隣接分野のアプローチ」,講演, 2017.
45 秋山祐樹,地域課題の解決に向けた公共データと民間ビッグデータの活用~空き家分布推定・企業間取引分析など~,経済統計学会東北・関東支部例会2017年5月定例研究会,招待講演, 2017.
44 秋山祐樹,都市・地域課題の解決に向けた公共データ・ビッグデータの活用~空き家分布推定など~,総務省統計局ミクロデータ利用研究会,講演, 2017.
43  秋山祐樹・小川芳樹・佐藤大誓,震災ビッグデータの開発と将来展望~様々なマイクロジオデータ解析による大規模地震被害推定の精緻化と応用~,地理情報システム学会 若手分科会シンポジウム「災害に対してGISが果たせる役割」,招待講演, 2017.
■2016年
42 Akiyama, Y., Micro-scale Earthquake Damage RiskEvaluation by Micro Geodata and Future Development, International Workshop on Priority Issue 3 of Post K Computer, Subgroup-B講演7, 2016.  資料(SlideShare
41 秋山祐樹,マイクロジオデータ研究会 -5年間の活動と今後の展開-,2016年第25回地理情報システム学会学術研究大会 若手会員分科会セッション,招待講演, 2016.
40 秋山祐樹,公共ビッグデータを活用した地方自治体の空き家対策支援,第10回マイクロジオデータ研究会,講演, 2016.
39 秋山祐樹,マイクロジオデータ研究会5年間の歩み,第10回マイクロジオデータ研究会,講演, 2016.
38 秋山祐樹, 都市・地域空間におけるマイクロジオデータの分析,日本建築学会 第81回空間研究小委員会研究会,招待講演, 2016.
37 Akiyama, Y., Smart City and Spatial Big Data -Studies and cases in Japan-, FOSS4G Korea, Smart City with Open Geospatial Technologies in Emerging Cities, Kenote Speech, 2016.
資料(SlideShare)
36 秋山祐樹・柴崎亮介,震災ビッグデータの開発と今後の展開~様々なマイクロジオデータ解析による大規模地震被害推定の精緻化と地域柔靭化に向けた応用~,第1回防災推進国民大会スマートシュリンク・地域柔靭化研究会,講演, 2016. 資料(SlideShare)
35 秋山祐樹,災害時の避難誘導における人流解析~横須賀市久里浜地区における津波避難実験の事例~,国土交通政策研究所研究発表会,講演, 2016.  資料(PDF)
34 秋山祐樹,マイクロジオデータを用いた将来の空き家分布推定に関する研究,愛知大学三遠南信地域連携研究センター コア研究会,講演, 2016.  資料(SlideShare)
33 Akiyama. Y., Detection and Evaluation of Regional Problems using Micro Geo Data, KRIHS and CSIS international seminar, 2016.  URL
■2015年
32 秋山祐樹,Pstayプロジェクトの概要,第8回マイクロジオデータ研究会,講演, 2015. 
31 秋山祐樹,マイクロジオデータ研究会と研究会活動の紹介,第8回マイクロジオデータ研究会,講演, 2015.
30 秋山祐樹,マイクロジオデータで見る東日本大震災被災地の変遷と将来への備え,東北大学地域イノベーション研究センター地域産業復興調査研究プロジェクト2015年度第1回勉強会,招待講演, 2015. 資料(SlideShare)
29 秋山祐樹,Earthquake Damage Risk Evaluationby Micro Geo Data(マイクロジオデータベースによる地震災害リスク評価),第3回国連防災世界会議 パブリック・フォーラム「環境情報・災害のビッグデータを用 いたレジリエントな国土への再デザインを探る」,事例紹介, 2015. 資料(SlideShare)
28 秋山祐樹,新しいマイクロジオデータ活用への挑戦-企業間取引ビッグデータの可能性-,愛知大学三遠南信地域連携研究センター越境地域政策研究フォーラム 分科会4,招待講演, 2015.  資料(PDF)
■2014年
27 秋山祐樹,マイクロジオデータ その取得・開発・応用,G空間 EXPO2014 CSISシンポジウム~人のうごきとGIS~,招待講演, 2014.  PPT(PDF)
26 秋山祐樹,”Pstay”~クラウドソーシングを活用した店舗等の滞在者数データ開発の試み~,第7回マイクロジオデータ研究会,講演, 2014.  PPT(PDF)
25 秋山祐樹,マイクロジオデータ研究会の紹介とマイクロジオデータ普及に向けた活動,第7回マイクロジオデータ研究会,講演, 2014.
24 秋山祐樹,マイクロジオデータを用いた都市センシングとこれからの地域政策・都市計画の在り方,中国経済連合会・中国地域ICT利活用研究会 招待講演, 2014.  PPT(PDF)
23 Akiyama, Y., Applications of Micro Geo Data for Urban Monitoring, Smart Geospatial Expo2014, ICGIS2014. Session3. Invited speech, 2014.  PPT(SlideShare)
22 秋山祐樹,マイクロジオデータ拓くミクロな都市・地域センシング,FOSS4G 2014 Hokkaido コアデイ 事例発表, 2014.
21 秋山祐樹,マイクロジオデータ拓くミクロな都市・地域センシング,慶應義塾経済学会報告会 講演, 2014.  URL PDF
20 秋山祐樹,マイクロジオデータを用いた都市・地域センシング研究,日本地理学会2014年春季学術大会「流通・消費の地理学研究グループ」講演, 2014.
19  秋山祐樹,マイクロジオデータを用いた国土スケールの災害リスク・地域災害対応力評価,第6回マイクロジオデータ研究会,講演2, 2014.  PPT(PDF)
18 秋山祐樹,マイクロジオデータ研究会の紹介,第6回マイクロジオデータ研究会,講演, 2014. PPT(PDF)
17 秋山祐樹,マイクロジオデータを活用した都市・地域センシング技術,愛知大学三遠南信地域連携センター越境地域政策研究フォーラム 分科会5,講演2, 2014. URL
■2013年
16 秋山祐樹,マイクロジオデータを活用した都市センシング技術,インフラ・イノベーション研究会  第19回講演会「データ等の有効活用による維持管理の高度化」,講演1, 2013. PPT(PDF)
15 秋山祐樹,マイクロジオデータ研究会のこれまでの活動について,第5回マイクロジオデータ研究会,講演1, 2013.
■2012年
14 秋山祐樹,マイクロジオデータ研究会の活動とマイクロジオデータを活用した研究の広がり,関西G空間フォーラム 2012・若手技術者・研究者のための技術研究発表会 口頭発表O-008, 2012.  PPT(PDF)
13 秋山祐樹,住宅地図を用いた国勢調査の非集計化データの開発と活用,研究集会「官庁統計データの公開における諸問題の研究と他分野への応用」, 2012.  PPT(PDF)
12 秋山祐樹,マイクロジオデータの紹介とマイクロジオデータ研究の最前線,地理情報システム学会ビジネス分科会 講演 5, 2012. PPT(PDF) 
11  秋山祐樹,マイクロジオデータ研究会の紹介,地理情報システム学会特別セッション(2)「マイクロジオデータの普及と都市・地域分析での利活用」, 講演, 2012.
10 秋山祐樹,マイクロジオデータの紹介とマイクロジオデータ研究の最前線,地理情報システム学会特別セッション(2)「マイクロジオデータの普及と都市・地域分析での利活用」, 講演, 2012.
9 秋山祐樹,マイクロジオデータの登場とマイクロジオデータ研究の最前線,日本地理学会秋季学術大会シンポジウムS18「阪神大震災地域の復興の時空間分析とマイクロジオデータの利活用」,講演S1802, 2012.
8 秋山祐樹,住宅地図を用いた国勢調査の非集計化による世帯及び居住者の擬似的分布データの開発,第6回日本統計学会春季集会・「政府統計ミクロデータをめぐる最近の動向」 講演2, 2012.
■2011年
7 秋山祐樹,マイクロジオデータが拓く新しい研究領域,若手技術者・研究者のための技術研究発表大会2011年度大会,基調講演5, 2011.
6 秋山祐樹,デジタル地図を用いた国勢調査の非集計化による世帯および居住者の擬似的分布データの開発,研究集会「官庁統計データの公開における諸問題の研究と他分野への応用」, 2011.
5 秋山祐樹,マイクロジオデータ研究会の紹介,地理情報システム学会特別セッション(1) 「マイクロジオデータの普及と利活用」, 講演, 2011.
4 秋山祐樹,マイクロジオデータが拓く新しい研究領域,地理情報システム学会特別セッション(1) 「マイクロジオデータの普及と利活用」, 講演, 2011.
3 秋山祐樹,日本全土の都市・地域の時系列変遷の詳細な把握~詳細な時空間データの開発と都市経済への活用可能性~,CSIS・東京大学経済学部共催都市経済ワークショップ,講演, 2011.
■~2010年
2 秋山祐樹,日本全土の都市・地域の時系列変遷の詳細な把握~詳細な時空間データの開発とその活用~,愛知大学三遠南信地域連携センター「GISを用いた産業立地と人的資源に関する研究」第1回公開ワークショップ,招待講演, 2010.
1 秋山祐樹,デジタル地図と電話帳データの統合による都市の事業所・テナント変化の時空間解析,筑波大学第39回GIS研究会,講演, 2008.

教育活動 Educations

■2018年
21 東京大学大学院新領域創成科学研究科プロアクティブ・リサーチコモンズ「空間情報ビッグデータ解析入門」 講師(2018年度)NEW!!
20 筑波大学生命環境学群地球学類「地域計画論」 非常勤講師(2017年度)NEW!!
■2017年
19 東京大学大学院新領域創成科学研究科プロアクティブ・リサーチコモンズ「空間情報ビッグデータ解析入門」 講師(2017年度)
18 国土交通大学校 国土交通大学校平成29年度 専門課程GIS応用〔問題解決能力の向上〕研修 「マイクロジオデータの利用」 非常勤講師(2017年度)
17 東京大学大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻 空間情報構築法「自治体行政サービス向上のための空間情報の利用」 非常勤講師(2017年度)
■2016年
16 国土交通大学校 平成28年度専門課程GIS中級~業務への活用支援~研修 「マイクロジオデータの利用」 非常勤講師(2016年度)
■2015年
15 東京大学大学院工学系研究科 建築学専攻 T_ADS (Advanced Design Studies) "Overview of Micro Geo Data and Its Case Studies" Lecturer (2015)
14 The University of Tokyo, ICHARM and UN, International Summer Program, Sustainable Water Management in an Era of Big Data, "Demonstrated Application of Micro Geo Data for Urban Monitoring", Lecturer (2015)
13 国土交通大学校 平成27年度専門課程GIS中級研修 「マイクロジオデータの利用」 非常勤講師(2015年度)
■2014年
12 国土交通大学校 平成26年度専門課程GIS中級研修 「マイクロジオデータの利用」 講師(2014年度)
■2013年
11 国土交通大学校 平成25年度専門課程GIS中級研修 「マイクロジオデータの利用」 非常勤講師(2013年度)
10 東京大学大学院 工学系研究科 都市工学専攻 Urban×ICT1「都市におけるビッグデータ」非常勤講師(2013年度)
■2012年
9 地理情報システム学会ハンズオンセッション(2)「第1回マイクロジオデータ講習会: MGDを活用した詳細な立地評価」講師(青木和人・ 秋山祐樹・仙石裕明 2012年)
8 東京大学大学院 工学系研究科 社会基盤工学専攻 「地理情報システム(E)」講師(ArcGISに関する演習 2012年)
7 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 社会文化環境学専攻 「空間情報システム演習(夏学期)」講師(ArcGIS に関する演習 2012年)
■2011年
6 政策研究大学院大学,「都市政策の経済分析」非常勤講師(GISデータ紹介に関する講義 2011年)
5 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 社会文化環境学専攻 「空間情報システム演習(夏学期)」講師(ArcGIS に関する演習 2011年)
■~2010年
4 東京大学空間情報科学研究センター リサーチアシスタント(2007年~2010年)
3 東京大学グローバルCOEプログラム「都市空間の持続再生学の展開」リサーチアシスタント(2009年度)
2 東京大学グローバルCOEプログラム「都市空間の持続再生学の展開」 リサーチアシスタント(2008年度)
1 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 社会文化環境学専攻 空間情報システム演習(夏学期)講師(ArcGISに関する演習 2007年)

メディア出演 Media Appearances

4 日本経済新聞・地方面「ビッグデータ活用で連携~前橋市、東大などと 観光・空き家対策~」(2017/11/23)
群馬県前橋市で実施している超スマート自治体への取り組みが紹介された.
3 上毛新聞・社会面「ビッグデータで地域課題を解決」(2017/11/23朝刊)
群馬県前橋市で実施している超スマート自治体への取り組みが紹介された.
2 雑誌「月刊ニューメディア」
震災ビッグデータ(建物単位の地震発生時の被害推定データ、時間別共助力(地域別救助期待人数)など)に関する取材内容が「東京大学+マイクロジオデータ研究会 マイクロジオデータを防災へ活用することの有効さ」として,2014年10月号の表紙と特集ページで紹介された.
1 NHKスペシャル「震災ビッグデータfile3(2014/03/02放送)
震災ビッグデータの内容が同番組内で紹介された.また阿部博史編,2014,「震災ビッグデータ―可視化された〈3・11の真実〉〈復興の鍵〉〈次世代防災〉」,104-107に研究成果が紹介された.

その他の発表 Others

■2016年
29 秋山祐樹・小川芳樹,震災ビッグデータ~震災ビッグデータが拓く震災対応の最前線~,ESRIジャパン第12回GISコミュニティ・フォーラム マップギャラリーに出展, 2016.  PDF
■2014年
28 秋山祐樹,” Pstay”~クラウドソーシングを活用した店舗等の滞在者数データ開発の試み~,CSIS DAYS 2014 ライトニングトーク, 2014.
27 秋山祐樹,マイクロジオデータ研究会の紹介,生研公開2014(駒場リサーチキャンパス公開),ポスター発表, 2014. PDF
26 秋山祐樹・仙石裕明・柴崎亮介,国勢調査の非集計化によるマイクロ人口統計の開発,生研公開2014(駒場リサーチキャンパス公開),ポスター発表, 2014.
25 秋山祐樹・仙石裕明・柴崎亮介,日本全土の商業集積統計の開発,生研公開2014(駒場リサーチキャンパス公開),ポスター発表, 2014.
■2013年
24 Akiyama, Y., City analysis using micro geo-data at the national scale, CSIS+IIS+KRIHS Joint Workshop 2013, 6, 2013.
23 秋山祐樹,マイクロジオデータ研究会の活動,CSIS DAYS 2013,ライトニングトーク2, 2012.
22 Akiyama, Y., Ueyama, S., Horanont, T., Sengoku, H., and Shibasaki, R., Spatio-temporal Analyses of Visitors in Commercial Accumulations Using Mass People Flow Data in Kanto Region, IGU2013 Kyoto Regional Conference, JS104-3-1, 2013.
21 Hadano, M., Witayangkurn, A., Akiyama, Y., Horanont, T., and Shibasaki, R., A Study on Extracring Characteristics of Visitors at Commercial Area from GPS Data, IGU2013 Kyoto Regional Conference, JS104-1-4, 2013.
20 秋山祐樹,マイクロジオデータで見る日本全土の商業活動,ESRI ジャパン第9回GISコミュニティ・フォーラム マップギャラリーに出展, 2013. PDF URL ESRI ジャパン第9回GISコミュニティ・フォーラム マップギャラリー 入賞(5位)
19 秋山祐樹,マイクロジオデータ研究会の紹介, ESRIジャパン第9回GISコミュニティ・フォーラム 学校・研究機関・NPO展示ブースに展示, 2013. 
18 秋山祐樹・高田裕之・柴崎亮介,国勢調査の非集計化によるマイクロ人口統計の開発,生研公開2013(駒場リサーチキャンパス公開),ポスター発表, 2013.
■2012年
17 秋山祐樹,マイクロジオデータ研究会の紹介,CSIS DAYS 2012,ライトニングトーク3, 2012.
16 秋山祐樹・柴崎亮介,位置と名称情報を持つ店舗・事業所データの時空間結合手法の開発,生研公開2012(駒場リサーチキャンパス公開),ポスター発表, 2012.
15 秋山祐樹・仙石裕明・高田裕之・柴崎亮介,日本全土の商業集積地域ポリゴンデータの開発(昨年発表分の一部更新),生研公開2012(駒場リサーチキャンパス公開),ポスター発表, 2012.
14 仙石裕明・秋山祐樹・高田裕之・柴崎亮介,Detection of Spatial Extent of Shopping Areas Using Kernel Density Estimation,生研公開2012(駒場リサーチキャンパス公開),ポスター発表, 2012.
13 高田裕之・秋山祐樹・仙石裕明・柴崎亮介,マイクロジオデータを利用した詳細な人口統計の手法作成,生研公開2012(駒場リサーチキャンパス公開),ポスター発表, 2012.
12 岡本裕紀・秋山祐樹・上山智士・柴崎亮介,商業集積地における業種別店舗および事業所の営業時間情報と人の時空間分布情報の可視化,生研公開2012(駒場リサーチキャンパス公開),ポスター発表, 2012.
11 羽田野真由美・秋山祐樹・柴崎亮介・中村敏和,Estimation of Origin-Destination Flow from Dynamic Population Distribution Data,生研公開2012(駒場リサーチキャンパス公開),ポスター発表, 2012.
■2011年
10 Akiyama. Y., Development of Commercial Accumulation Statistics Throughout Japan Based on the Digital Classified Telephone Directory, 東京大学柴崎研究室・京都大学田村研究室合同ゼミ, 2011.
9 東京大学大野秀敏研究室,ファイバーシティ/東京 2050version2,東京2050//12の都市ヴィジョン展,EXHIBITION1-04,アドバイザーとして参加, 2011. URL
8 秋山祐樹・柴崎亮介, 位置情報を持つ名簿状データの時空間結合システム,生研公開2011(駒場リサーチキャンパス公開),ポスター発表, 2011.
7 秋山祐樹・仙石裕明・高田裕之・柴崎亮介,日本全土の商業集積地域ポリゴンデータの開発,生研公開2011(駒場リサーチキャンパス公開),ポスター発表, 2011.
6 高田裕之・秋山祐樹・仙石裕明・西澤明・柴崎亮介,世帯構成の最適分配によるフードデザートエリアの抽出,生研公開2011(駒場リサーチキャンパス公開),ポスター発表, 2011. 
5 相田哲宏・秋山祐樹・柴崎亮介,テナント行動モデルによる商業集積地の変化予測,生研公開2011(駒場リサーチキャンパス公開),ポスター発表, 2011.
■~2010年
4 秋山祐樹,日本全土の都市・地域の時系列変遷の詳細な把握~詳細な時空間データの開発とその活用~,東京大学柴崎研究室・京都大学田村研究室合同ゼミ, 2010. 
3 秋山祐樹・柴崎亮介, 住所つき名簿データ時空間統合システム,生研公開2010(駒場リサーチキャンパス公開),ポスター発表, 2010.
2 秋山祐樹・上山智士・柴崎亮介,電子地図と電話帳情報の時空間統合による都市空間の立体変動モニタリング,生研公開2009(駒場リサーチキャンパス公開),ポスター発表, 2009.
1 東京大学柴崎亮介研究室,大東京今昔~時空間都市データセットが拓く新しい都市空間モニタリング,生研公開2008(駒場リサーチキャンパス公開),ポスター発表・展示, 2008.



ページのトップへ戻る